[Profiler Overview] プロファイラの概要

The Jetspeed Profiler is a portal resource location rule-based engine. The profiler locates the following kinds of portal resources:

Jetspeed のプロファイラは、ポータルのリソースの場所に関するルールベースのエンジンです。プロファイラは、以下のようなポータルリソースを決定します。

  • PSML pages
  • Folders
  • Menus
  • Links
  • PSML ページ
  • フォルダ
  • メニュー
  • リンク

When a request is received by the portal, the profiler will compute a normalized instruction set, known as a profile locator. The locator is then added to the request context, from which subsequent components on the Jetspeed pipeline, most notably the Page Manager and Portal Site components, can take the profile locator and use it to find a requested resource. For example, the Page Manager uses the locator to find a page or folder. The Portal Site component uses the locator build the options on a menu.

ポータルがリクエストを受信すると、プロファイラは、プロファイルロケータとして知られる、正規化した命令のセットを計算します。そして、ロケータは、リクエストコンテキストを追加します。Jetspeed パイプラインの後に続くコンポーネント、特にページマネージャとポータルサイトコンポーネントは、リクエストコンテキストからプロファイルロケータを取得し、リクエストされたリソースを見つけるために、それを使うことが出来ます。例えば、ページマネージャは、ページやフォルダを見つけるためにロケータを使います。ポータルサイトコンポーネントは、メニューの要素を追加するためにロケータを使います。

The profile locator is the output from the profiler. The input is a normalized set of runtime parameters and state. The profiler input is defined in profiling rules, and can be made of any Java class available on the pipeline. Jetspeed comes with quite a few predefined rules for taking criteria from request parameters, HTTP headers, security information, language and session attributes. The profiler is invoked during the Jetspeed request processing pipeline in the profiler valve.

プロファイルロケータは、プロファイラの出力です。入力は、実行時のパラメータと状態の正規化されたセットです。プロファイラの入力は、プロファイリングルールで定義されます。そして、パイプラインの任意の Java クラスで利用可能なように作られます。Jetspeed は、リクエストパラメータ、HTTP ヘッダ、セキュリティ、言語、セッションの属性の情報から判断規準を得るための、いくつかのあらかじめ定義されたルールを持っています。プロファイラは、プロファイラバルブ内の、Jetspeed のリクエスト処理パイプラインの処理中に呼び出されます。

All of these runtime parameters are called the profile criterion, which the profiler uses to locate portal resources.

これらの実行時パラメータの全ては、プロファイル規準と呼ばれます。プロファイル規準は、プロファイラがポータルリソースを探索するのに使います。

[Located Portal Resources: Pages] 配置されたポータルリソース: ページ

The Profiler searches over a directory tree of PSML pages trying to locate a PSML page to be displayed. By default, this directory structure is found under WEB-INF/pages. The pages directory can also be stored in the database. This directory structure, comprised of portal resources (pages, folders, menus, links), is a physical representation of the portal site. The Jetspeed team plans to also support logical views of the portal site in future releases.

プロファイラは、表示するための PSML ページを探しながら、PSML ページのディレクトリツリーを検索します。デフォルトでは、このディレクトリツリーは、WEB-INF/pages 以下です。ページディレクトリは、データベース上にも保存することが出来ます。ポータルリソース (ページ、フォルダ、メニュー、リンク) から構成されるディレクトリ構造は、ポータルサイトの物理的表現です。Jetspeed チームは、将来のリリースで、ポータルサイトの論理ビューもサポートする予定にしています。

Analogous to a file system, there is one physical root to the portal site. However, using the concept of subsites, the Jetspeed site can support entire subsites that are not visible to other subsites, or the main site. There are several reserved (system) directories standardized by the profiler:

ファイルシステムに類似して、ポータルサイトには、一つ、物理的なルートが存在します。しかし、サブサイトの概念を使うと、Jetspeed サイトは、メインのサイトや、他のサブサイトから見えない、サブサイトもサポートすることが可能です。プロファイラによって標準化された、予約 (システム) ディレクトリがいくつか存在します。

Reserved FolderDescription
_userholds all user-specific folders and pages
_roleholds all role-organized folders and pages
_groupholds all group-organized folders and pages
_subsite-rootcontains complete subsite trees, exactly like root tree
予約フォルダ名説明
_user全ユーザ固有のフォルダやページを保持します。
_roleロール毎のフォルダやページを保持します。
_groupグループ毎のフォルダやページを保持します。
_subsite-rootまさにツリーのルートのような、全サブツリーを含みます。

By applying profiling rules, the profiler locates pages in the portal site directory.

プロファイリングルールを適用することにより、プロファイラはポータルサイトディレクトリ内のページを決定します。

[Profiling Rules] プロファイリングルール

A ProfilingRule defines a list of criteria used when evaluating a request to determine the location of a specific resource. Profiling rules are used by the profiler to locate portal resources based on the decoupled criteria for known portlet request data. A rule consists of an ordered list of criteria which should be applied in a given order. Following this rule's order, the profiling engine applies each criteria of the rule using a less-specific algorithm until the least specific resource criterion is considered. When all criteria are exhausted, the rule will fail and a fallback resource will be required.

プロファイリングルールは、特定のリソースの場所を決定するための、リクエストを評価する時に使われる、判断規準のリストを定義します。プロファイリングルールはプロファイラが使用します。これは、既知のポートレットリクエストデータ用の、細分化した判断規準によるポータルリソースの位置を決定するためです。ルールは、与えられた順序に適用される、判断規準の順序つきのリストから構成されます。このルールの順序に従って、プロファイリングエンジンは、最少のリソースの判断規準とみなせるまで、少ない記述の設定によるアルゴリズムで、それぞれのルールの判断規準を適用します。全ての条件が適用されつくした場合、ルールは失敗となりフォールバックリソースが要求されます。

[Rule Criteria] ルール規準

A Rule Criterion specifies one criterion in a list of profiling rule criteria. The rule is used to build a normalized profiling locator and then locate a portal resource based on the current user request. Rule Criteria are templates for locating profile properties. Criteria consist of:

ルール規準は、プロファイリングルールの規準のリストの中の 1 つの規準を特定します。ルールは、正規化されたプロファイリングロケータを構築するために使われます。それから、現在のユーザリクエストに基づいたポータルリソースを決定するのにも使われます。ルール規準は、プロファイルのプロパティの場所を示すためのテンプレートです。規準は以下から成ります。

TypeThe type of criterion. Types are configured in the profiler spring configuraiton. Each type maps to a rule criterion resolver. A resolver is a Java class which maps request input to a normalized location instruction. Valid resolvers are provided in the table below.
Fallback OrderThe sequential in which to apply this criterion within the profiling rule.
Fallback TypeAfter evaluation this criterion, the rule can either continue processing the remaining criteria, or stop processing. The fallback type determines how to continue processing. Valid values are:
FALLBACK_CONTINUEevaluate this criterion and if it fails continue to the next criterion
FALLBACK_STOPevaluate this criterion and if it fails stop evaluation criteria for this rule
FALLBACK_LOOPevaluate this criterion and if it fails continue evaluating
NameThe unique name (per rule) of this criterion. Upon matches, the name is mapped to the profile locator property name.
ValueThe default value (not required) to use for this criterion when resolution fails.
タイプ 規準のタイプ。タイプはプロファイラの spring の設定内で設定されます。それぞれのタイプは、ルール規準のリゾルバと結びつけられます。リゾルバは Java のクラスで、正規化された場所の命令にリクエストの入力をマッピングします。有効なリゾルバは、後に出てくる表のようなものが用意されています。
フォールバック順序 プロファイリングルール内でこの規準が適用される順序。
フォールバックタイプこの規準が評価された後、ルールは残りの規準の処理を続けることも出来るし、処理を止めることも出来ます。fallback type は、処理を続けるかどうかを定義します。有効な値は以下の通り。
FALLBACK_CONTINUE この規準を評価し、もし fail であれば、次の規準を評価する。
FALLBACK_STOPこの規準を評価し、もし fail であれば、このルールに対する規準の評価を止める。
FALLBACK_LOOPこの規準を評価し、もし fail でも評価を続ける。
名前この規準の(ルールごとの)ユニークな名前。一致と同時に、名前はプロファイルロケータのプロパティ名にマップされる。
解決が失敗したとき、この規準に対して使うデフォルト値(必須ではない)。

More complex implementations will need to use other inputs in mapping to resources such as Cookies, IP Address Ranges, Statistical Resource Usage Analysis, or Business Rules.

より複雑な実装には、クッキー、IPアドレスの幅、解析に使う統計のリソースやビジネスルールのようなリソースとのマッピングのような、他の入力が必要とされるでしょう。

[Rule Criterion Resolvers] ルール基準のリゾルバ

The table below displays all default rule criterion resolvers available with Jetspeed out of the box. Resolvers are Java classes, implementing the interface from the Jetspeed API org.apache.jetspeed.profiler.rules.RuleCriterionResolver. You may use this default set of resolvers to build your own profiling rules. Rules are currently stored in the Jetspeed database. Portal administrators may edit the rules using an administrative portlet. In the demo system, login as the user "admin" to see an example of the Jetspeed Profiler Administration portlet.

以下に記述した表は、Jetspeed で何もせずに使える、全てのデフォルトのルール規準リゾルバの一覧です。リゾルバは Java のクラスであり、Jetspeed API のorg.apache.jetspeed.profiler.rules.RuleCriterionResolver インターフェースの実装です。独自のプロファイリングルールを作成する際にも、このデフォルトのリゾルバのセットが使えるでしょう。ルールは、現在は Jetspeed のデータベースに保存されています。ポータルの管理者は、管理ポートレットを使って、ルールを編集出来るでしょう。デモシステムでは、Jetspeed の管理ポートレットの例を見るには、"admin" ユーザとしてログインします。

Additionally, you may add your own resolvers to Jetspeed. You will need to create a jar file holding your custom resolvers, and then drop them into the Jetspeed webapp's class path. Resolvers will need to be given a unique name. This is done by modifying the profiler.xml in the Spring assembly. See the section below on configuration to see where to add a resolver to the Spring configuration.

加えて、独自のリゾルバを Jetspeed に加えることも可能です。カスタムリゾルバが入った jar ファイルを作成する必要があります。そして、それを jetspeed の webapp クラスパスの中に置きます。リゾルバはユニークな名前を付ける必要があります。これは、spring の profiler.xml ファイルを変更して行います。リゾルバを追加するには、Spring の設定のどこで行うのかは、後のセクションを見てください。

ResolverDescription
requestresolve by matching a request parameter by name, returning the request parameter value for a locator property taking the name of the criterion
sessionresolve by matching a session attribute by name, returning the session attribute value for a locator property taking the name of the criterion
request.sessionresolve by first matching a request parameter by name. If not matched, try matching a session attribute name, returning the request parameter or session attribute value for a locator property taking the name of the criterion
pathresolve by matching the PSML page path value of the current request. The path is typically the path and name of a page, such as default-page for a locator property named path
path.sessionresolve by matching the PSML page path value of the current request. The path is typically the path and name of a page, such as default-page. If fails to find a valid path in the request, will then look in the session for the page value. The locator property will be named path
hard.codedresolve to a hard.coded default value, for example, set a locator property named page to /my-account.psml
userresolve by matching the name of the current authenticated user. The username is mapped to a locator property named user
roleresolve by matching all of the security roles of the current authenticated user (in the JAAS Subject of the request context) and putting them in a comma-separated list. The locator property should be named role. The role criterion is often used in combination with path criteria, to create a role-fallback rule that searches over all security roles for a given user.
groupresolve by matching all of the groups of the current authenticated user (in the JAAS Subject of the request context) and putting them in a comma-separated list. The locator property should be named group. The group criteion is often used in combination with path criteria, to create a group-fallback rule that searches over all security groups for a given user.
rolecomboresolve by matching all of the security roles of the current authenticated user (in the JAAS Subject of the request context) and putting them in a dash-separated string, for example: (role1-role2-role3). The locator property should be named role. The role criterion is often used in combination with path criteria, to create a role-fallback rule that searches over all security roles for a given user.
mediatyperesolve by matching the media type (HTML,XHTML,WML...) from the request context. Sets a locator property named mediatype
languageresolve by matching the browser's language from the request context locale (originating from the HTML headers). Sets a locator property named language
countryresolve by matching the browser's country code from the request context locale (originating from the HTML headers). Sets a locator property named country
group.role.userresolve by first matching on a request parameter named group. If that fails, resolve on a request parameter named role. If that fails, resolve by matching the name of the current authenticated user. The username is mapped to a locator property named user
user.attributeresolve by matching a Portlet API User Attribute by name, returning the user attribute value for a locator property taking the name of the criterion
user.agentresolve by matching the browser's (client) user agent from the request context device capabilities (originating from the HTML headers)
hostnameresolve by matching the host name from the server name in the request, returning the host name
domainresolve by matching the domain from the server name in the request, returning the domain
navigationA directive to changes the current navigation path during a profile location resolution performed by the page manager. The value can be the location of a folder, for example /pages/freecontent
リゾルバ説明
request名前でリクエストパラメータとマッチさせて解決します。ロケータプロパティが規準の名前を取得するために、リクエストパラメータの値を返します。
session名前でセッション属性とマッチさせて解決します。ロケータプロパティが規準の名前を取得するために、セッション属性の値を返します。
request.session最初に名前でリクエストパラメータとマッチさせます。もしマッチしなければ、セッション属性名とマッチさせるようと試みます。ロケータプロパティが規準の名前を取得するために、リクエストパラメータか、セッション属性の値を返します。
path現在のリクエストの PSML ページの パス の値とマッチさせて解決します。このパスは、一般的にはパスとページ名です。パスという名前のロケータプロパティのための default-page のようなものです。
path.session現在のリクエストの PSML ページのパスの値とマッチさせて解決します。このパスは、一般的には、default-page のようなページの、パスとページ名です。もし、リクエスト中に有効なパスを見つけられなかった場合、ページの値を取得するために、セッションを探します。ロケータプロパティはパスという名前となるでしょう。
hard.codedハードコードされたデフォルト値を解決します。例えば、ページ名を "/my-account.psml" とするロケータプロパティを設定します。
user現在の認証されたユーザ名でマッチさせて解決します。ユーザ名はuserという名前のロケータプロパティにマップされます。
role(リクエストコンテキストのJAASサブジェクト内の)現在の認証されたユーザのセキュリティロールの全てとマッチさせ、それらをコンマ区切りのリストとすることにより解決します。ロケータプロパティはroleと名付けられるべきです。ロールの規準は、しばしばパス規準と一緒に使われます。与えられたユーザに対するセキュリティロールを検索する、role-fallbackルールを作成するためです。
group(リクエストコンテキストのJAASサブジェクト内の)現在の認証されたユーザのグループの全てとマッチさせ、それらをコンマ区切りのリストとすることにより解決します。ロケータプロパティはgroupと名付けられるべきです。グループの規準は、しばしばパス規準と一緒に使われます。与えられたユーザに対するセキュリティグループを検索する、role-fallbackルールを作成するためです。
rolecombo(リクエストコンテキストのJAASサブジェクト内の)現在の認証されたユーザのセキュリティロールの全てとマッチさせ、それらをダッシュ(-)で繋いだ文字列とすることにより解決します。例えば (role1-role2-role3) です。ロケータプロパティはroleと名付けられるべきです。ロールの規準は、しばしばパス規準と一緒に使われます。与えられたユーザに対するセキュリティロールを検索する、role-fallbackルールを作成するためです。
mediatypeリクエストコンテキストのメディアタイプ(HTML,XHTML,WML...)とマッチさせて解決します。mediatypeという名前のロケータプロパティにセットされます。
languageリクエストコンテキストのブラウザの言語(元の出所は HTML ヘッダ)とマッチさせて解決します。language という名前のロケータプロパティにセットされます。
countryリクエストコンテキストのロケールのブラウザのカントリーコード(元の出所はHTMLヘッダ)とマッチさせて解決します。countryという名前のロケータプロパティにセットされます。
group.role.user最初に group という名前のリクエストパラメータとマッチさせて解決します。失敗したら、roleという名前のリクエストパラメータで解決します。さらに失敗したら、現在の認証されたユーザ名とマッチさせて買うけつします。userという名前のロケータプロパティにマップされます。
user.attributeポートレットAPIのユーザ属性と名前をマッチさせて解決します。ロケータプロパティが規準名を取得するために、ユーザ属性の値を返します。
user.agentリクエストコンテキストのデバイスの機能(元の出所はHTMLヘッダ)の(クライアントの)ブラウザのユーザエージェントとマッチさせて解決します。
hostnameリクエスト中のサーバ名からホスト名とマッチさせて解決します。ホスト名を返します。
domainリクエスト中のサーバ名からドメインをマッチさせて解決します。ドメインを返します。
navigationページマネージャが実行するプロファイルロケーションの解決の間、現在のナビゲーションパスを変えるためのディレクティブです。この値は、例えば /pages/freecontent というような、フォルダの場所である可能性があります。

Note that all criteria will fall back to the default value when no match is made. Locator property expects a criterion named navigation

全ての規準は、マッチするものがない場合は、デフォルト値になります(フォールバックします)。ロケータプロパティは、navigationという名前の規準を期待します。

[Default Rules] デフォルトルール

Several rules are provided by default with the Jetspeed system. The rules in the table below display the criterion in a most-specific to least-specific ordering.

Jetspeed では、デフォルトでいくつかのルールが準備されています。以下の表のルールは、最小一致の命令に対して、最も一致する規準を表示します。

RuleDescription
j1

Implements the Jetspeed-1 hard-coded profiler fallback algorithm, resolving in a most-specific to least-specific algorithm:

criterionnamevaluefallback
countrycountrycontinue
languagelanguagecontinue
mediatypemediatypecontinue
group.role.useruser|group|rolestop
path.sessionpagedefault-pagestop
role-fallback

A role based fallback algorithm, trying to find the most-specific resource by searching over all security roles for the current authenticated user.

criterionnamevaluefallback
path.sessionpagedefault-pagestop
rolerolecontinue
group-fallback

A group based fallback algorithm, trying to find the most-specific resource by searching over all security groups for the current authenticated user.

criterionnamevaluefallback
path.sessionpagedefault-pagestop
groupgroupcontinue
j2

The default profiling rule for users and mediatype minus language and country.

criterionnamevaluefallback
mediatypemediatypecontinue
group.role.useruser|group|rolestop
path.sessionpagedefault-pagestop
security

The security profiling rule needed to force credential change requirements.

criterionnamevaluefallback
hard.codedpage/my-account.psmlstop
path

Only criterion applied is the path portion of the portal URL.

criterionnamevaluefallback
pathpage/stop
user-role-fallback

Rule will first look for the resource in the user's home folder. If not found there, a role based fallback algorithm is applied, trying to find the most-specific resource by searching over all security roles for the current authenticated user.

criterionnamevaluefallback
path.sessionpagedefault-pagecontinue
rolerolecontinue
navigationnavigation/loop
userusercontinue
user-rolecombo-fallback

Rule will first look for the resource in the user's home folder. If not found there, a role based fallback algorithm is applied, trying to find the most-specific resource by searching over all security roles for the current authenticated user. Creates a locater property named role that is the concatenation of all roles into one string, such as role1-role2-role3. This combined string is used as the role name in the locator.

criterionnamevaluefallback
path.sessionpagedefault-pagecontinue
rolecomborolecontinue
navigationnavigation/loop
userusercontinue
subsite-role-fallback-home

A rule based on role fallback algorithm with specified subsite and home page

criterionnamevaluefallback
pathpathsubsite-default-pagestop
rolerolecontinue
navigationnavigationsubsite-rootloop
ルール説明
j1

Jetspeed-1 のハードコードされたプロファイラのフォールバックアルゴリズムを実装します。最少一致のアルゴリズムで最も一致するものに解決します。

規準名前フォールバック
countrycountrycontinue
languagelanguagecontinue
mediatypemediatypecontinue
group.role.useruser|group|rolestop
path.sessionpagedefault-pagestop
role-fallback

ロールベースのフォールバックアルゴリズムです。現在の認証されたユーザのためのセキュリティロールを全て検索することにより、最も一致するリソースを見つけようとします。

規準名前フォールバック
path.sessionpagedefault-pagestop
rolerolecontinue
group-fallback

グループベースのフォールバックアルゴリズムです。現在の認証されたユーザに対するセキュリティグループを全て検索し、最も一致するリソースを見つけようとします。

規準名前フォールバック
path.sessionpagedefault-pagestop
groupgroupcontinue
j2

ユーザとメディアタイプから言語と国を引いたデフォルトのプロファイリングルールです。

規準名前フォールバック
mediatypemediatypecontinue
group.role.useruser|group|rolestop
path.sessionpagedefault-pagestop
security

security プロファイリングルールは、資格を強制的に変える必要がある時に必要です。

規準名前フォールバック
hard.codedpage/my-account.psmlstop
path

ポータルURLのパスの部分のみが適用される規準です。

規準名前フォールバック
pathpage/stop
user-role-fallback

最初にユーザのホームフォルダのリソースを探します。もし見付からなければ、ロールベースのフォールバックアルゴリズムが適用されます。現在の認証ユーザに対する全てのセキュリティロールを検索して、最も一致するリソースを見つけようとします。

規準名前フォールバック
path.sessionpagedefault-pagecontinue
rolerolecontinue
navigationnavigation/loop
userusercontinue
user-rolecombo-fallback

最初にユーザのホームフォルダのリソースを探します。もし、見つからない場合、ロールベースのフォールバックアルゴリズムが適用されます。現在の認証されたユーザに対する全てのセキュリティロールを検索し、最も一致するリソースを見つけようとします。role1-role2-role3 というような、全てのロールを一つの文字列に連結したroleという名前のロケータプロパティを作成します。この連結された文字列は、ロケータ内のロール名として使われます。

規準名前フォールバック
path.sessionpagedefault-pagecontinue
rolecomborolecontinue
navigationnavigation/loop
userusercontinue
subsite-role-fallback-home

特定のサブサイトとホームページでのロールフォールバックアルゴリズムベースのルールです。

規準名前フォールバック
pathpathsubsite-default-pagestop
rolerolecontinue
navigationnavigationsubsite-rootloop

[Profile Locators] プロファイルロケータ

Profile Locators are used to locate profiled portal resources such as pages, folders, menus and links. A locator contains a collection of properties (name value pairs) describing the actual resource to be located.

プロファイルロケータは、ページやフォルダやメニューやリンクのような、プロファイリングされたポータルリソースの位置を決定するために使われます。ロケータは、設置された実際のリソースに関する記述を行うプロパティ(名前と値の対)のコレクションを含みます。

The profiler takes runtime information as input, generalized into generalized profile locators that are passed on to the page manager to locate a page or menu. The profile locators are normalized and not coupled to the profiler or page manager implementation.

プロファイラは入力として実行時の情報を取得します。その入力は、ページやメニューを設置するためのページマネージャに伝達するための汎用的なプロファイルロケータ内に汎用化されます。

[Principal Rules] 主体のルール

Each user principal can be mapped to specific profiling rule. This association is stored in the Jetspeed database. The association is three-way, combining the PRINCIPAL + PROFILING RULE + LOCATOR, where the locator values currently supported are menu or page. Thus we can have two different profiling rules applied for locating resources per user: locate pages and locate menus. When the profiler attempts to locate a page for the current user, it will apply the profiling rule for the given user. The Jetspeed User Administration portlet has a tab for editing user profile information:

それぞれのユーザ主体(principal)は、特定のプロファイリングルールにマップされます。この関係は、Jetspeed データベースに保存されます。この関係は三者間、PRINCIPAL(主体) + PROFILING RULE(プロファイリングルール) + LOCATOR(ロケータ) を合わせた物です。そのロケータの値として、現在サポートされるのは、メニューとページです。故に、ユーザ毎のリソースを決定するために適用するプロファイリングルールを二つ持つことが出来ます。それはページの決定とメニューの決定です。プロファイラが、現在のユーザのページを決定しようとしたとき、プロファイラは、与えられたユーザに対するプロファイリングルールを適用します。Jetspeed ユーザ管理ポートレットには、ユーザのプロファイル情報を編集するためのタブがあります。

Often, profiling rules are determined and then associated by portal-specific logic during user registration (or self-registration). A Jetspeed-specific self-registration portlet could handle the registration process of adding a user to the system, granting roles, setting user attributes, and assigning the profiling rule for the user.

プロファイリングルールは、定義され、ユーザ登録の間、ポータル特有のロジックによって関連づけられます。Jetspeed 特有の自身を登録するポートレットは、ユーザをシステムへ追加する、ロールを与える、ユーザ属性を設定する、ユーザに対してプロファイリングルールを与えるといったプロセスの登録を扱うことが出来ます。

[Component Configuration] コンポーネントの設定

The profiler.xml Spring configuration file configures the profiler component.

Spring の設定の profiler.xml ファイルは、プロファイラコンポーネントの設定を行います。

Constructor ArgumentDescription
(0) JETSPEED-INF/ojb/profiler_repository.xmlHolds the OJB database to POJO mapper for marshalling profile information to and from the persistent store.
(1) j1The default profiling rule. If a user does not have a profiling rule defined in the association table, this profiling rule is used.
(2) ProfileResolvers (ref bean)The map of profiler resolver names to implementing resolver classes. New resolvers should be added to the ProfileResolver table.
コンストラクタの引数説明
(0) JETSPEED-INF/ojb/profiler_repository.xml持続的ストアからと、持続的ストアへのプロファイル情報を整列させるための POJO マッパとしての OJB データベースを保持します。
(1) j1デフォルトプロファイリングルール。もし、ユーザが関係するテーブル内に定義されたプロファイリングルールを持たない場合、このプロファイリングルールが使われます。
(2) ProfileResolvers (ref bean)プロファイラのリゾルバ名と、実装しているリゾルバクラスのマッピング。新しいリゾルバは、プロファイルリゾルバテーブルに追加してください。