[Requirements] 要求事項

It is expected that the user is familiar with both the Apache Maven project management tool and the Apache Ant scripting utility.

  • Ant 1.5 or higher
  • Maven 1.0.2
  • Java 1.4.2_02 or higher
  • Servlet 2.3 Engine:
    • Tomcat 5.0.x
    • Tomcat 5.5.x
    • Jetty
    • Websphere 5.1, 6.0
    • Geronimo
    • JBoss
    • Weblogic

ユーザは Apache Maven プロジェクトマネジメントツールと Apache Ant スクリプトユーティリティの両方を熟知している必要があります。

  • Ant 1.5 またはそれ以降
  • Maven 1.0.2
  • Java 1.4.2_02 またはそれ以降
  • Servlet 2.3 エンジン:
    • Tomcat 5.0.x
    • Tomcat 5.5.x
    • Jetty
    • Websphere 5.1, 6.0
    • Geronimo
    • JBoss
    • Weblogic

[1. Get Maven Ready] 1. Maven の準備

If you have not already done so, download and install Maven .

もしまだなら Maven をダウンロードし、インストールしてください。

[2. What Database do you want] 2. データベースは何にするか

Jetspeed's security model requires a database to authorize users and to retain the user information. Jetspeed security should work with any JDBC 2.0 compliant driver. The following databases are tested:

  • Derby
  • HSQLDB - Hypersonic SQL
  • MySQL
  • Oracle
  • POstgres
  • DB2
  • Sybase
  • SQL Server

Jetspeed のセキュリティモデルは、ユーザ認証とユーザ情報の保持のためにデータベースを必要とします。Jetspeed セキュリティは、ほとんどの JDBC 2.0 準拠ドライバで動作するはずです。以下のデータベースについてはテスト済みです:

  • Derby
  • HSQLDB - Hypersonic SQL
  • MySQL
  • Oracle
  • Postgres
  • DB2
  • Sybase
  • SQL Server

Jetspeed is distributed with the Derby database configured as the default.

Jetspeed は、デフォルトとして設定済みの、Derby データベースを同梱した状態で配布されます。

The database configuration will be setup during the installation process. If you are not going to use the default Derby database, you need to select another database during installation.

データベース設定は、インストールの過程でセットアップされます。デフォルトの Derby を使うつもりがないのなら、インストール中に別のデータベースを選択する必要があります。

[3 Servlet Engines] 3. サーブレットエンジン

In theory, Jetspeed 2 portals can be run under any servlet container supporting the 2.3 specification or greater. Successful Jetspeed 2 portal applications have been deployed using:

  • Tomcat 5.5.8 or higher
  • Jetty
  • Websphere
  • Geronimo
  • JBoss

理論的には、Jetspeed 2 ポータルシステムは、2.3 版仕様以上をサポートするいかなるサーブレットコンテナのもとでも動作します。Jetspeed 2 ポータルアプリケーションを、以下のような製品に配備して正常動作を確認しています:

  • Tomcat 5.5.8 またはそれ以上
  • Jetty
  • Websphere
  • Geronimo
  • JBoss

[ Tomcat Configuration] Tomcat の設定

Jetspeed 2 can use the Tomcat Manager application for managing portlet applications with the Portlet Application Lifecycle Manager Portlet (PALM). To be able to do so it needs a configured Tomcat user with the predefined 'manager' role in the ${org.apache.jetspeed.server.home}/conf/tomcat-users.xml.

Jetspeed 2 は、ポートレットアプリケーションライフサイクル管理ポートレット(PALM) からポートレットアプリケーションを管理するために、Tomcat マネージャアプリケーション が使えるようになっています。これを有効にするためには、 ${org.apache.jetspeed.server.home}/conf/tomcat-users.xml の中を編集して、既定で定義されている 'manager' ロールを持つ Tomcat ユーザを、一人設定する必要があります。

A minimal example tomcat-users.xml can look like:

最低限の tomcat-users.xml の一例はこんな感じです:

						
<tomcat-users>
  <role rolename="manager"/>
    <user username="j2deployer" password="xxxxx" roles="manager"/>
</tomcat-users>
					

The attribute values for username and password must correspond to the specified values for ${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user} and ${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user} as described above.

上記の username と password の属性値は、以下の定義で指定した値と一致しなければなりません。 ${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user} ${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user} です。

[Tomcat 5.5.9 on Windows] Tomcat 5.5.9 を Windows で動かす場合

To have redeployment and undeployment working properly when using Tomcat 5.5.9 on Windows you have to set the global Context attribute "antiJARLocking" to true.

Tomcat 5.5.9 を Windows で動かす場合、再配備と配備解除を正常に動作させるためには、グローバルコンテキストの "antiJARLocking" 属性を、true に設定しなければなりません。

In ${org.apache.jetspeed.server.home}\conf\context.xml use:

${org.apache.jetspeed.server.home}\conf\context.xml の中を編集してください:

						
    <Context antiJARLocking="true">
    ...
    </Context>
					

[Jetty - A Quick Test Environment or a Production Servlet Container] Jetty - 簡易テスト環境 もしくは 正式版サーブレットコンテナ

Jetty can be used for a production deployment but it is most commonly used to quickly test customizations without interfering with the production servlet container. It does not require any special configuration.

Jetty は正式稼動環境として使えますが、通常はほとんどの場合が、正式稼動環境のサーブレットコンテナを妨害することなく、カスタマイズをざっとテストする環境として使われています。このための特別な設定は何も必要ありません。

[4. Installing Jetspeed from Source or Binary Distributions] 4. ソースもしくはバイナリの配布物から Jetspeed をインストール

Depending on what you want to do, you have the choice of installing Jetspeed from a binary release or from the sources. If you want to modify the core functionality of Jetspeed or contribute to the development of Jetspeed, you need to work with the sources. If you are only interested in building your own custom enterprise portal, you can start with a binary release of Jetspeed. Most people should start with the binary distribution.

あなたの目的に応じて、Jetspeed をバイナリリリースからインストールするか、ソースからインストールするかを選択してください。もしあなたが Jetspeed の主要機能に変更を加えたい、もしくはJetspeedの開発に貢献したいと考えるなら、ソースに対して作業する必要があるでしょう。単に独自のカスタム版企業ポータルの構築に興味がある程度なら、Jetspeed のバイナリリリースを使って生成できます。ほとんどの人がバイナリの配布物で構わないはずです。

[5. Jetspeed build] 5. Jetspeed のビルド

Your installation instructions will depend on whether you are building from source or building from a binary distribution or installing with Jetspeed-2 installer .

インストール手順 は ソースからビルド するか、 バイナリ配布物からビルド するか、それとも Jetspeed 2 インストーラを使ってインストール するかによって異なっています。