[Jetspeed-2 Installer] Jetspeed 2 インストーラ

[Getting Started with the Installer] インストーラを使った導入

Jetspeed 2.1.2 provides 2 installers:

Jetspeed 2 は 2つのインストーラを提供しています:

To run the standard (minimal) installer:

java -jar jetspeed-2.1.2-installer.jar
			

標準 (最小) インストーラを実行するには:

java -jar jetspeed-2.1.2-installer.jar
			

To run the Jetspeed Demo installer:

java -jar jetspeed-2.1.2-demo-installer.jar
			

デモを含むインストーラを実行するには:

java -jar jetspeed-2.1.2-demo-installer.jar
			

The installers are capable of running on headless (i.e. no gui) machines, and will detect so automatically.

To force the installer in text mode manually, pass in the text parameter:

java -jar jetspeed-2.1.2-installer.jar text	
            

インストーラは headless なマシン (例: GUI がないマシン) でも実行可能で、それを自動で検知します。

強制的にテキストモードで実行するには、text パラメータを付けて実行します:

java -jar jetspeed-2.1.2-installer.jar text	
            

[Database Selection]データベースの選択

The installer will ask you to choose a database for storing the Jetspeed database. We provide a default Derby database for demo systems. The Derby database runs in embedded mode inside the Jetspeed/Tomcat JVM. All other databases require additional configuration. If you selected Derby, you can go with the default parameters provided. For all other databases you must first create an area to hold the Jetspeed tables. For some databases this area is called a catalog, others call it a schema, while others call it a database. Consult your database documentation for details on how to create a catalog or schema to hold the Jetspeed tables. Additionally, you may need to create a database user to access the Jetspeed tables. Often it is required to grant access to the schemas (catalogs) for the given user.

インストーラは Jetspeed データベースを保管するデータベースを選択するように求めてきます。デモのためにデフォルトで Derby データベースが準備されています。 Derby データベースは Jetspeed/Tomcat JVM 内で組み込みモードで実行されます。他のデータベースでは全て、設定を追加する必要があります。 もし Derby を選択したのなら、デフォルト値で進むことができます。他のデータベースでは全て、最初に Jetspeed テーブルを保持する領域を作成しておく必要があります。 データベースによっては、このエリアカタログと呼ぶでしょう。他にスキーマとか、データベースとか呼ぶこともあるでしょう。 Jetspeed データベースを保持する、カタログやスキーマの作成方法については、詳しくはデータベースの文書を参照してください。 さらに、Jetspeed テーブルにアクセスするためのデータベースユーザを作成する必要があるでしょう。そして大体の場合は、スキーマ (カタログ) へのアクセス権限をユーザに与える必要があります。

Jetspeed supported database list:

Jetspeed のサポートするデータベースは以下です:

  • DB2
  • Derby (default)
  • MS SQL
  • My SQL
  • PostgreSQL
  • Oracle (9i or higher)
  • SapDB
  • Manual database setup
  • DB2
  • Derby (default)
  • MS SQL
  • My SQL
  • PostgreSQL
  • Oracle (9i or higher)
  • SapDB
  • Manual database setup

If you choose the manual database setup, then the database scripts will not be run and you will need to configure the database manually after the installation. All database scripts are provided in the installation under the database directory. For your specific database, look for the corresponding directory name. During installation, you will be prompted for the following fields after chosing your database types (except for Derby):

もしデータベースのマニュアルセットアップを選択した場合、データベース用のスクリプトは実行されませんので、インストール終了後に自分でデータベースを設定する必要があります。 データベース用のスクリプトは全て、インストール時にdatabaseディレクトリ以下にインストールされます。データベース名と一致するディレクトリを探してください。 インストールの途中で、データベースを選択した後、以下の項目の入力を求められるでしょう (Derby を除いて)。

  • A Database type. Valid values [derby, mssql, mysql, oracle, hsql, postgres, sapdb]
  • A username
  • A password
  • A JDBC connection string
  • A JDBC driver name
  • The location of a valid JDBC driver. The installer will copy this driver to the installed location in Tomcat.
  • データベースの種別。有効な入力値は [derby, mssql, mysql, oracle, hsql, postgres, sapdb]
  • ユーザ名
  • パスワード
  • JDBC接続文字列
  • JDBCドライバ名
  • JDBCドライバの正確な置き場所。インストーラはこのドライバを Tomcat のインストール先へコピーします。

The connections strings are only partially completed in the well-known format of the particular databaes. Please take care to complete the values in your connection string for your database. The driver name should be the right driver class for your database at the time of the making of this installation. Please ensure that a newer driver is not required for your database. Note also that the location of the JDBC driver must be selected. We have not provided the file system path to the jar file but only the likely file name. You may want to check and see if newer versions of the driver are available.

接続文字列は一部の場合のみ、特定のデータベースのよく知られたフォーマットと一致します。 よく注意して、データベースの接続文字列を全て入力してください。ドライバ名は、インストール時に作成したデータベースの正しいドライバクラスでなければなりません。データベースに対するより新しいドライバが必要にならないよう注意してください。 JDBC ドライバの場所も指定しなければいけない事に注意してください。インストーラは、jar ファイルのファイルシステムのパスもファイル名も準備することはしません。 より新しいバージョンのドライバが利用可能になっていないかをチェックすると良いでしょう。

Once you have entered all of your parameters, the installer will test the database connection before proceeding. If the connection fails, please go back to the connection configuration setup and provide the correct parameters. If you choose to continue, the database scripts will not be run and you will need to configure the database manually after the installation. Once the installer verifies the database connection, you are ready to proceed with installation process.

必要なパラメータを全て入力した時点で、インストーラは処理の前にデータベースとの接続をテストします。 もし接続が失敗した場合、接続の設定のセットアップまで戻って、正しいパラメータを入力してください。 もし続行を選択したら、データベース用のスクリプトは実行されず、インストールの後で手動でデータベースの設定をする必要があります。 インストーラがデータベースとの接続を確認したら、インストール処理を進める準備ができたことになります。

Please take note of the location where you are installing on your file system.

Also, on a Windows platform make sure to use a location path without spaces, e.g. NOT under C:\Program Files.

ファイルシステム上のどこにインストールするかに注意してください。

さらに、Windows 環境では、例えば C:\Program Files のような場所以下でない、スペースのない場所を使っていることを確認してください。

[Starting Jetspeed-2] Jetspeed 2 の起動

Once you have completed a successful install, you are ready to start the Jetspeed Portal. On linux, here is an example where you have installed to the default location:

インストールが成功したら、Jetspeed ポータルを実行する準備ができています。 Linux 環境では、デフォルトのインストール先にインストールした場合の例は以下のようになります。

/usr/local/ApacheJetspeed2.0/bin/startup.sh
			
/usr/local/ApacheJetspeed2.0/bin/startup.sh
			

On windows, here is an example where you have installed to the default location:

Windows 環境の場合、デフォルトのインストール先にインストールした場合の例は以下のようになります。

   cd C:\Apache\Jetspeed-2.1.2\bin
   startup.bat
                        
   cd C:\Apache\Jetspeed-2.1.2\bin
   startup.bat
   			

The very first invocation of the portal requires anywhere from 10 seconds to 30 seconds for initial startup and final installation. After starting the server, start up a web browser and navigate to http://localhost:8080/jetspeed/portal

全く初めての起動では、ポータルシステムが初期設定とインストールを完了させるために およそ 10 秒から 30 秒程度の時間を必要とします。サーバが起動したら、ウェブブラウザを起動して、 こちらを開いてください。 http://localhost:8080/jetspeed/portal.

[Login to Jetspeed-2] Jetspeed 2 へのログイン

All preconfigured users have the same password as username (for example the admin user has the password admin) If you installed with the Minimal installer, two test accounts are available:

あらかじめ設定されているユーザは全て、ユーザ名と同じパスワードになっています (例えば、admin ユーザのパスワードは admin)。 最小インストーラを使用した場合、2 つのテストアカウントが利用可能です。

admin 	  -- System administrator, super user
devmgr 	  -- Delegated security manager, can manage users with the "dev" (developer) role
                        
admin 	  -- システム管理者、スーパーユーザ。
devmgr 	  -- セキュリティ管理者の権限を与えられたユーザ。"dev"(開発者) ロールでユーザの管理が出来ます。
                        

If you installed with the Demo installer, several additional test accounts are available:

デモインストーラを使用した場合、加えていくつかのテストアカウントが利用可能です。

admin 	  -- System administrator, super user
manager   -  Has system administration rights, but not super user
user 	  -- A sample user demonstrating with with a home page and advanced profiled menus 
tomcat 	  -- A sample user demonstrating a user without a home page
jetspeed  -- A sample user demonstrating discovery of pages by both group and role fallback profiling algorithms
subsite   -- Example of how to setup users with a primary subsite role fallback profiling rules
subsite2  -- Example of how to setup users with a secondary subsite role fallback profiling rules
devmgr 	  -- Delegated security manager, can manage users with the "dev" (developer) role 			
 			
admin 	  -- システム管理者、スーパーユーザ。
manager   -  システム管理の権限を持ちますが、スーパーユーザではありません。
user 	  -- ホームページと特別にプロファイリングされたメニューを持つデモを行うサンプルユーザ。
tomcat 	  -- ホームページを持たないユーザのデモを行うサンプルユーザ。
jetspeed  -- グループとロールの両方のフォールバックするプロファイリングアルゴリズムによってページを見つけるデモを行うサンプルユーザ。
subsite   -- プライマリのサブサイトのロールでフォールバックするプロファイリングルールのユーザの設定方法の例。
subsite2  -- セカンダリのサブサイトのロールでフォールバックするプロファイリングルールのユーザの設定方法の例。
devmgr 	  -- セキュリティ管理者の権限を与えられたユーザ。"dev"(開発者) ロールでユーザの管理が出来ます。

[Jetspeed Desktop] Jetspeed デスクトップ

The Jetspeed Desktop is a client-side JSR-168 aggregation engine. To accesss the Desktop, navigate your browser to http://localhost:8080/jetspeed/desktop When switching between the /desktop and the /portal URLs, logout to start a new session.

Jetspeed デスクトップは、クライアントサイドの JSR-168 集約エンジンです。 デスクトップにアクセスするには、ブラウザで http://localhost:8080/jetspeed/desktop にアクセスしてください。/desktop と /portal の間を切り替えるには、ログアウトして新しいセッションを始めてください。

[Changing the Database] データベースの変更

After running the installation, you can manually reinitialize the database or even switch to another database. To do so, we provide an Ant script found under the database directory of your installed Jetspeed portal. The database configuration is defined in the database.properties file. To reinitialize or change the database, go to the database directory and edit the database.properties file, save it, and then run ant.

インストールの実行後、手動で再度データベースを初期化することも、別のデータベースへの変更を行うことも可能です。 これを実行するに、Jetspeed ポータルをインストールした場所の database ディレクトリ以下に Ant スクリプトを準備しています。 データベースの設定は database.properties ファイルで定義されている。データベースの再初期化や変更を行うためには、database ディレクトリへ行き、database.properties ファイルを編集して、保存してください。そして ant を実行してください。

Here is a sample database configuration file:

ここにサンプルのデータベース定義を示します。

; Jetspeed Enterprise Portal 2.1 Database setup configuration
; db.type supported values: db2, derby, mssql, mysql, oracle, postgres, sapdb
db.type=mysql
: for db.type other than derby, the properties below need to be specified
db.username=j2
db.password=abracadabra
jdbc.url=jdbc:mysql://localhost:3306/prod-2
jdbc.driver.class=com.mysql.jdbc.Driver			
			
; Jetspeed Enterprise Portal 2.1 Database setup configuration
; db.type としてサポートされる値: db2, derby, mssql, mysql, oracle, postgres, sapdb
db.type=mysql
; db.type として derby 以外を指定すると、以下のプロパティを指定する必要があります。
db.username=j2
db.password=abracadabra
jdbc.url=jdbc:mysql://localhost:3306/prod-2
jdbc.driver.class=com.mysql.jdbc.Driver			
			

If you are configuring a database for the first time after choosing Manual database setup in the installer, or want to try out a different type of database, make sure to copy the specific JDBC driver for the database to the Tomcat shared/lib folder before running ant.

Note: for Derby, the needed driver is already placed there or available from the database/lib directory of your installed Jetspeed portal.

インストーラでの設定時に手動でのデータベースの設定を選択した後、最初にデータベースを設定する場合や、違うタイプのデータベースを試してみたい時は、ant を実行する前に、Tomcat の shared/lib フォルダにデータベースの JDBC ドライバをコピーすることに注意してください。

注意: Derby の場合、必要なドライバは既にインストール済みか、インストールした Jetspeed ポータルの database/lib ディレクトリから利用可能です。