Jetspeed とは何ですか?

Jetspeed は、Java や XML を利用した企業情報ポータルの、オープンソースの実装です。 ポータルは、アプリケーションやデータベースなどのネットワークリソースをエンドユーザで利用可能にします。 ユーザは、ウェブブラウザ、WAP 対応の携帯電話、ポケベルまたは様々な他のデバイスからポータルへアクセスすることができます。 Jetspeed は、利用しやすい方法で複数の情報源からなる情報を利用可能にする中央のハブのように動作します。

Jetspeed を通して表示されるデータは、コンテンツタイプには依存していません。 これは、たとえば、XML、RSS または SMTP などから来るコンテンツが Jetspeed で統合することができることを意味しています。 データの実際の表示は、XSL で処理され、例えば、Java Server Pages (JSP) や HTML の組み合わせで、ユーザへ送信されます。 Jetspeed は、 CocoonWebMacro Velocity などのテンプレートおよびコンテント発行フレームワークのサポートを提供します。 (注: Jetspeed は、普通のブラウザではない WAP 端末をサポートします)

Jetspeed は、ポータルアプリケーションを素早く構築する手助けとなります。 その目標は、Jetspeed がユーザインターフェースデザイナとポータル開発者両方にとってのツールとなることです。 現在、ポータルの基盤の構築を容易にするツール群を開発者に提供することに焦点を当てています。 ユーザは、Jetspeed を用いて、XML ポータルを素早く構築でき、独自のコンテンツを同時に配信できます。