Jetspeed 2 へようこそ

Jetspeed 2 は Apache での次世代企業ポータルです。Jetspeed 2 は、 Jetspeed 1 より、いくつもの構造上の拡張や改善がなされて います。まず、Jetspeed 2 は Java ポートレット標準に準拠し、ポートレット配備の 標準メカニズムを提供します。次に、Jetspeed 2 はマルチ スレッド化された機能を特徴とする、拡張可能なアーキテクチャに なっています。3 番目として、Jetspeed 2 はいくつかの 古いオープンソースプロジェクトから分離されています。4 番目に Jetspeed 2 はコンポーネントアーキテクチャベースです。



Jetspeed 2 のドキュメント

多くの Jetspeed 2 の資料は、 資料ガイド の形式であります。

Jetspeed 2 ステータス

Jetspeed 2 の初めての製品リリースは、2005 年 12 月 8 日に行われました。 今後の開発分野には、キャッシングやクラスタリングの改善とサポート、 さらなる AJAX の統合、新しいポートレットアプリケーション、 WSRP サポート、よりデザインと使い勝手をより良くすることなどが含まれます。

Jetspeed 2 について

Jetspeed は、Java と XML で記述された、企業情報ポータルの オープンソースの実装です。Jetspeed ポータル内では、 1 つのページを作成するために、個々のポートレットが 集約されます。各ポートレットは、独立したアプリケーションであり、 利用しやすい方法で、複数の利用可能な情報源から情報を作るための、 中央のハブとして動作する Jetspeed に用いられます。

Jetspeed ベースのポータルでは、1 つのウェブサイトを 通して、エンドユーザへアプリケーション、データベースの 情報やその他の利用可能なデータソースを提供できます。 Jetspeed は、各ユーザへ提供される情報や機能が、 ユーザまたはユーザが属するロールを元に カスタマイズできるように、セキュリティ基盤を提供します。 ユーザは、ウェブブラウザ、WAP フォン、ポケベル、 または、サーブレッドエンジンにサポートされるその他の デバイスで、ポータルへアクセスすることができます。

XML, RSS またはデータベースのテーブルなど、様々な フォーマットで保持されるコンテンツが、Jetspeed ページ内に 統合することができます。データの実際の表示は、 XSL により処理され、JSP, Velocity や HTML などの データ表示ツールの組み合わせによって、ユーザへ 配信されます。Jetspeed は、 Cocoon , WebMacro および Velocity などの、テンプレートとコンテンツ発行のフレームワークの サポートを提供します。

さらに詳しい情報は以下を参照してください。