協力する方法

協力するためにできる簡単なこと

多くのオープンソースプロジェクトと同様に、Jetspeed 2 に協力するための多くの方法があります。

  • ユーザメーリングリスト を購読して、コミュニティからの質問に答える。 オープンソースでは、盛んなコミュニティがプロジェクトを成功させます。基本的な質問を尋ねることを恥ずかしがらないでください。皆、そこから始まります。
  • 遭遇したバグや問題を Jetspeed 2 バグトラックシステム に報告してください。 バグを報告する前に、ユーザメーリングリスト または 開発用メーリングリスト でも問題について、議論して確認してください。
  • 問題に遭遇したときに、それを修正したくなるかもしれません。これは、コミュニティを活気づけるので、奨励しています。 修正した場合は、報告した問題に パッチを提出 してください。

なぜ、取り組むべきなのか?

協力したい理由はいろいろありますが、それらのいくつかの強調すべき点は、

  • ほかの人たちがそれらの問題を解決するのに協力すれば、問題に陥ったときにその人たちがおそらく協力してくれるでしょう。
  • パッチの提供することで、機能に関する優先順位に影響を与えることができ、あなたが作成した変更を統合することができます。
  • 問題を報告することで、Jetspeed 2 がより大きなプロジェクトになり、全体的なその品質も改善する手助けとなります。
  • あなたのプロジェクトにおいても助けとなるベストプラクティスを共有および学ぶことができるとともに、すばらしい人たちと知り合いになれるでしょう。
私たちは、コミュニティの一部として、あなたが参加されるのを楽しみにしています。

どのようにプロジェクトに参加するか?

Apache でのプロジェクトは、実力主義 の元で運営されています。 コミッタになるためには、まず、あなたが参加していることを示していく必要があります。それをする一番良い方法は、パッチを提出して、コミュニティに参加し、関心のあることを明らかにしていくことです。 それは、協力と貢献していくために、時間と意欲が必要になります。 これは、はじめは、少し気後れするかもしれませんが、コミュニティは、関心や参加する人たちをいつも助けてくれるでしょう。

ここにいくつかの有用なその他の資料のリンクを示します。