レイアウト

レイアウトのテンプレートは Jetspeed 特有で配備可能なポートレットアプリケーション内にパッケージされています。レイアウトテンプレートはポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは集約のためのコンポーネントモデルとして規定されているポートレットを組み合わせます。Jetspeed 2 は、標準で 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを持っています。デフォルトの Jetspeed 2 システムで指定可能なレイアウトは後の Jetspeed-2 Layouts を参照してください。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。

集約に関して言うと、レイアウトはどのように一枚のポータルページが集約されるのかを定義します。レイアウトはフラグメントの配置が最終的にまとめられ、ポータルへのリクエストのコンテンツが集約される方法を定義します。レイアウトは、集約されたページのコンテンツを生成するためのテンプレートに関するアルゴリズムを適用したポートレットにより定義されます。典型的なアルゴリズムには 2 列のもの、3 列のもの、階層化されたものがあります。

レイアウトは以下により構成されます。

  • 1 つ以上のテンプレート
  • テンプレート記述子
  • 画像
  • スタイルシート
  • マクロ

レイアウトのパッケージング

レイアウトは標準的なポートレットアプリケーションとしてパッケージされます。レイアウトは通常

以下のようなオペレーションをサポートします。

  • 配備(Deploy)
  • 除去(Un-deploy)
  • 再配備(Re-deploy)

Jetspeed 2 のレイアウト

Jetspeed 2 は 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを標準で含んでいます。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。以下の表は Jetspeed 2.0 で利用可能なレイアウトコンポーネントのリストです。ページを編集したりカスタマイズする際には、レイアウトコンポーネントを選択します。PSML ページごとに 1 つのレイアウトを指定することが可能です。

レイアウト種類カラム数サイズモード説明
VelocityOneColumn1 列1100%view,edit,helpポートレットの表示エリアの 100% を占める 1 つ以上のフラグメントの 1 列表示。
VelocityTwoColumns2 列250%,50%view,edit,help各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。 フラグメントはどちらの列も PSML のフラグメントの定義を使って配置されます。
VelocityTwoColumns2 列250%,50%view,edit,help各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。 フラグメントはどちらの列も PSML のフラグメントの定義を使って配置されます。
VelocityTwoColumnsSmallLeft2 列215%,85%view,edit,help左側の列にポートレット表示エリアの 15% を割り当て、右側の列にポートレット表示エリアの 85% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。 フラグメントはどちらの列も PSML のフラグメントの定義を使って配置されます。
VelocityThreeColumns3 列333%,33%,33%view,edit,help各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 33% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 3 列表示。 フラグメントはどちらの列も PSML のフラグメントの定義を使って配置されます。
VelocityOneColumnNoActions,

VelocityTwoColumnsNoActions,

VelocityThreeColumnsNoActions
viewデコレータアクションを伴うそれぞれ対応するレイアウトと同じパラメータを持つ。しかし、デコレータアクションは表示されない。