Jetspeed 2 インストーラ

インストーラを使った導入

まずはインストーラを ダウンロード してください。 Jetspeed 2 は 2つのインストーラを提供しています:

インストーラを使って Jetspeed 2 をインストールするには、ダウンロードしたどちらかのインストーラに合わせて以下を実行してください:

java -jar Jetspeed2.0-MultiDB-install.jar
もしくは
java -jar Jetspeed2.0-derby-install.jar
			

Multi-DB インストーラの場合は以下の入力が必要になります:

  • データベースの種別。有効な入力値は [derby, mssql, mysql, oracle, hsql, postgres, sapdb]
  • ユーザ名
  • パスワード
  • JDBC接続文字列
  • JDBCドライバ名
  • JDBCドライバの正確な置き場所。インストーラはこれをインストール先へコピーします。

Derby は特例として除きますが、Jetspeed のテーブルを格納するために、あなたのデータベース製品にあわせて特化した 空のデータベーススキーマを作成する必要があるでしょう。Derby は特例として除きますが、インストーラを 同一のデータベーススキーマに対して二度に渡って実行することはできません。二度目にインストーラを実行する事前に 手動によってテーブルをドロップしておく必要があります。

Jetspeed 2 の起動

Tomcat を起動してください。Linux の場合は、こう実行してください :

/usr/local/ApacheJetspeed2.0/bin/startup.sh
			

Windowsの場合は、こう実行してください :

c:\Program Files\Apache Jetspeed 2.0\bin\startup.bat
   			

全く初めての起動では、ポータルシステムが初期設定とインストールを完了させるために およそ 1 分程度の時間を必要とします。どうか 1 分がまんしてください。それからウェブブラウザを起動して、 こちらを開いてください。 http://localhost:8080/jetspeed/portal.

Jetspeed 2 へのログイン

以下のサンプルアカウントでログインできます:

admin/admin
manager/manager
user/user